« バックアップ | トップページ | ぬふふふっ »

2001.12.28

家で自転車整備

後ろの変速機へむかうワイヤーのアウターチューブが、
前の変速機の一番内側のローギアにあたるので、
24日にパイプの経路を変えました。
とりあえず、変速機の動作がきちんとなるように整備したが、
どうもしっくりこない。
整備しているときはばっちり動くのに、乗車するとだめ。
で、いろいろしらべているうちに、一部のアウターケーブルが
短いことが判明。衝撃を受けると、後ろのサスペンションの
影響でケーブルがアウターチューブケーブルよりも張ってしまう
ので変速されてしまうことを見つけました。
パイピングを変更する前も、大きい衝撃をうけると変速しかける
症状があったのはこの影響らしい。
自転車屋さんで相談したら、予想とおんなじ答えが。
結局、アウターチューブとケーブルを交換。
なぜかOリングを捨てられてしまいました。
グリスやチェーンオイルを塗ってくれなかったので、
そのあたりは帰宅後に自分で作業。あとは…
シリコングリスを塗ったり、床用ワックスで保護したり

|

« バックアップ | トップページ | ぬふふふっ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/653/6702126

この記事へのトラックバック一覧です: 家で自転車整備:

« バックアップ | トップページ | ぬふふふっ »