« モノづくり | トップページ | 漫画「かりん」と「櫻の一番!」 »

2003.12.25

漫画「かりん」と「櫻の一番!」

最近私が好きになった漫画家さん、影崎由那(かげざき ゆな)先生。
「かりん」で初めて知ったのですが、角川のドラゴンコミックスから 5冊も出ているのを本屋さんで偶然発見。
その日は荷物の都合で 1・2巻を買ったのですがこれがイイ!

「大正小町事件帖 櫻の一番!」 大正時代のミステリー物です。

どれくらいイイかというと、サイレントメビウスを読んだときの驚きというかですね、怖いお話もあるけれども、キャラが生き生きと動いている所がイイのです。目の表現が好きなんです。

翌日には別の漫画専門店にて3・4・5巻を購入。
で、嬉しい事と辛い事が…「全部帯付き初版Get!」は嬉しい事なのですが、この作品は面白いのだからもっと売れて良いはずなのです。

おまけページでは、ご本人が○◎を吹く絵がいっぱいあるのですが、これは「かりん」に引き継がれているのでしょうか…。「櫻の一番!」の作中にも◎が結構出ていますけどね。

というわけで、角川のちょっと大きいサイズ(昔のサイメビとかと同じ大きさ)な「櫻の一番」 と「かりん」はおすすめです。

|

« モノづくり | トップページ | 漫画「かりん」と「櫻の一番!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/653/48079

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画「かりん」と「櫻の一番!」:

» かりん・Accent [BLUEPAGE blog]
 最近買った本・・影山夕多の「Accent」。以前は影崎夕那というペンネームでゲームの原画や漫画を描いていた方ですが、「櫻の一番」「かりん」と、少年漫画界でメジ... [続きを読む]

受信: 2003.12.28 09:35

« モノづくり | トップページ | 漫画「かりん」と「櫻の一番!」 »