« 「信じる心が力になる」 | トップページ | 307WRCと 206WRCのエキゾースト »

2004.08.26

307WRCの気になるイベントが

WRCで活躍している 307WRCのイベントが開催
三菱がイベントを自粛しているからより目立ちそうですね。

なんと次の日曜日。うーん、名古屋行きを蹴ってでも行きたいぐらい(笑)
いちおう、本物の 206WRCを見た事がありますが、エンジン音や走行シーンを生で体験した事は無いわけで。
この 307CCをベースにした車は間違いなく美しいです。鋭く切り裂きながら猛々しい砂嵐を巻き上げて過ぎ去ってゆく…。

206WRCの最初のデザイン(車全体にプジョーのライオンマークが美しく配置されていた)にも驚かされました。

206自体のフロントマスクは顔のようなデザイン…目(ヘッドライト)・鼻(エンブレム)・口(エアインテーク)・舌(ナンバープレート)・えくぼ(フォグランプ)。
あと、髭のようなブラックのバンパーが大好きです。私はこれをディーラーで扱いっていたすばらしいケミカルで、すこし湿っているようなマットな質感に仕上げていました。しかも汚れが付きにくいというやつでした。
あとから出てきた塗装したバンパーは好きじゃないのです。素材のままなら実用とアクセントが両立。

私の 206(タンジェリンオレンジ)が、まわりに幸せを振りまきながら走っているような姿が想像できるわけです。すれ違う車や人が笑顔になってくれるような。
306の広告にもありましたが、「停車したときにショーウインドーに映りこんだ自分の車の姿が好きだ」という心境。
車が乗り手だけでなく世の中まで幸せにしてくれる車が増えるといいな。

|

« 「信じる心が力になる」 | トップページ | 307WRCと 206WRCのエキゾースト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/653/1287590

この記事へのトラックバック一覧です: 307WRCの気になるイベントが:

« 「信じる心が力になる」 | トップページ | 307WRCと 206WRCのエキゾースト »