« MOS団の旅 その2…名古屋で みそかつ | トップページ | 北陸で行ってみたいところ »

2004.09.08

リバーサルフィルムを甘く見るな

私の弟が親戚の人から風景写真をいろいろと分けてもらえないかと交渉していましたが…甘過ぎるぅ!
その親戚の人はセミプロを超えているくらいの人だからとーぜんリバーサル(ポジ)フィルム。

リバーサルのフィルムを借りるというのは責任重大。
普通のフラットヘッドスキャナはフィルムへの傷が気になります。スライドになっていればまだ少し楽だけど…。
普通のフィルムスキャナは持っていないし。

プリントした物をもらうとしても、そのプリントは小さくても 1枚 100円ぐらいの料金がかかってます。
それをスキャンしても、結局横 200ピクセル程度でしか使わないとか言ってますよ。
それならデジカメでフィルムを撮影するためのグッズを使った方が手っ取り早いはず。
ちなみに私のブログで右上に表示されているフィルムの絵はライトビューアにリバーサルフィルムを置いてデジカメで撮影した物です。

ぬーん、リバーサル(ポジ)は CD-R化サービスって無いんですよね。
良くあるサービスはネガフィルムの方。現像の後に行うプリント工程で利用したデータを CD-Rに焼き付けるんだと思います。

一般的に使われているフィルムであるネガフィルムは 1つの被写体を 1枚しか撮らない事が多いですが、リバーサルフィルムは 3枚から 5枚ほど段階露出で撮る事が多いですからね。しかも現像時プリントはロールプリントという帯のようなプリントをすることがある程度です。で、36枚の中から「これだっ」というものをプリント依頼したり、個人でフィルムスキャンして後加工をするわけですね。
これをビューアで見るときとプリントして見るときでは、違うコマを利用するぐらいに微妙です。

というわけで、リバーサルの楽しみ方は難しいですが奥が深いということで。
リバーサルの基本はフィルムメーカーのページでどうぞ

|

« MOS団の旅 その2…名古屋で みそかつ | トップページ | 北陸で行ってみたいところ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/653/1382594

この記事へのトラックバック一覧です: リバーサルフィルムを甘く見るな:

« MOS団の旅 その2…名古屋で みそかつ | トップページ | 北陸で行ってみたいところ »