« 旋光の輪舞 ロケテ版 | トップページ | ぱにぽに祭でした »

2004.10.18

Tips:ブラウザの文字フォント

Windowsな環境にあるブラウザは、あまり見栄えが良くなかったりします。
で、ちょっとでも改善出来るところがあればやっちゃえという Tipsなのかな?

WindowsXP限定かな? とりあえず以下の設定をすませてください。
画面のプロパティから [デザイン] [効果] を選んで、
[√]次の方法でスクリーンフォントの縁を滑らかにする
[ClearType]

Internet Explorerならば、
[オプション] [全般] [フォント]
言語セット [日本語]
Webページフォント [HGPゴシックM]
テキスト形式フォント[HGゴシックM]

Operaならば
[Tools] [設定] [フォント]
[通常のテキスト] [HGPゴシックM]
…デフォルトは [Time New Roman] [16]
[整形済テキスト<PRE>] [HGゴシックM]
…デフォルトは [Courier New] [13]
~追記~
う~ん、所々で文字のレンダリングが変化します…。
Operaの問題か、WindowsXP側の問題か…?

Firefoxならば
[Tools] [Options] [General] [Fonts & Colors]
Proportional [Serif] [16]
Serif [MS P明朝] → [HGP明朝B]
San-Serif [MS Pゴシック] → [HGPゴシックM]
Monopace [MSゴシック] [16] → [HGゴシックM] [16]
(Minimum font sizeが None ですが、6を入れておくと、意図的に小さすぎにしてある文字を見落とす事が減るかも)

フォントサイズは 16がおおいですね。18とかにしても良いような気もします。

HG HGS HGPとかの区別は インストラクターのネタ帳 HGフォントについて をご覧ください。
じつは、Office系アプリを突っ込まないと HGフォントは出てきません(汗) いちお~リコーのページでも販売しています。
HGフォントというのはリコーのフォントだということです。
で、HGフォントというのは小さい文字でもアウトラインとして展開出来るという特徴があります。

そういえばリコーを見学したときに聞いた話だったのですが、MS明朝などは、リコーが提供しているフォントなのです。で、リコーのプリンタはその文字フォントを内蔵しているんだよ~というお話がありましたね。

« 旋光の輪舞 ロケテ版 | トップページ | ぱにぽに祭でした »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Tips:ブラウザの文字フォント:

« 旋光の輪舞 ロケテ版 | トップページ | ぱにぽに祭でした »

2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ