« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005.10.31

GX8は父親の元に

父親がデジカメに興味を持ってきた様子。
昔、フィルムの一眼を使っていたこともあるので、GX8なんかは結構良いんじゃないかと思う。
で、さくっと256Mメモリ・ワイコン・外部ファインダー付きで一式プレゼント。あとメモリリーダをプレゼントしよう。

とーぜん、私の GX用メモリが無くなってしまったので、ヨドバシにて PQIというメーカの SDメモリを買ってきました。

…うわ、GX8に付けていた「つくりものじさんの 鴉ちゃん絵馬(杞憂)付き 組紐ストラップ」がそのまんまだよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.28

アンダーディフィートのひみつ

素敵な前髪を提供してくれる生き神様の七式さんとオンラインで話していました。

01:39 >umix68k< 銀髪ちゃんの名前がオフィシャルページにでないですなぁ
01:40 >umix68k< とりあえず、メールフォームから「銀髪ちゃんの名前を教えて」と送っておきました(W
01:41 >umix68k< グレフさんに迷惑かけっぱなしだ…

そして夜が明けて、仕事行って帰ってきたら、栄えあるオフィシャルコンテンツの Q1に採用されちゃいました。
# grev通信では「音楽の担当は誰?」 「めがてんさんですよ」という Q&Aが一番最初でした。

1週目の銀髪ちゃんを根岸さんに譲ってもらったので(もちろん2週目は根岸さん)、明日はなんとか稼動店に行って拝みに行ってきますよ。

本日は買い物に手間取っていけなかったので、明日はゼヒ!

追記:
質問が採用されるとポスタープレゼントになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.27

2回目の箱根 仙石原にて

R0017443

ケーブルカーやロープウェイ経由で到着したので、時間がギリギリっぽい感じ。すべて28mm相当で撮影。
広角だから撮れる感じですね。

R0017499

向こうに見える山に光の帯が見えた瞬間。どのように収めるか悩みましたが、欲しいところは写ってくれました。

まだ他にもいっぱい撮影したんですが、2回目も時間不足&モデル撮影隊が占拠でやられた&SDメモリの容量限界などで満足しきれない結果となりました。

細かい撮影情報は Exifをどうぞ。今日は寝ます…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のアイマス

本日の龍咲ぎるくPの戦績、2戦 1勝 1負
1負けは、10万人のヤツ。思い出で 1回だけBADを引いてしまったのが敗因。それ以外は問題なかったのに。

そのあとの 1勝はかなりのだしぬきっぷり。
20051026
思い出をフルに使ってなんとか攻略。
悪いお手本ですので真似しないでください…。
でも、ランクAやBの人が 3万人オーディションに来るのも凄いなぁ。

アイマスのキャンペーン開催中です。
ここのバナーをクリックしてプリントアウトしてお店に行けば30分遊べますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.26

新宿のヨドバシに MGS4のムービーが

メタルギアソリッド4のトレイラームービーが流れていました。
プレステ3の映像を見たのは初めてかな? ゲームショーには行かなかったので。

うーん、FPSかと思わせるイントロでしたが、ちゃんとメタルギアソリッドの世界でした。
ちゃんと出てくる兵器もメタルギアだし。
メタルギアmkII(SR 以降は間違いなし)も出てくるし。

おっと、オフィシャルのページにもムービーがありますね。さっき見てきたヤツと同じかな。まあ当然画質は店頭の方が良かったですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.25

あ~予定を入れていないと不便だ

というわけで、左側に今月の発売予定リストとかをつっこもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.24

では、GR Digitalの ISO1600画像でも…

リコーのカメラの場合、あまり ISO1600の画像はあんまりネットに出ないと思うんですよ。
実際に私が使った GXでも GX8でも ISO1600はありますし使用した事もありますが、これは他の手段で撮影できないときに撮影するためのモードですからね。

でも、ISO1600でも役に立つときがあるのは事実なんです。
R0017590
1/9sec f2.4 絞り優先AE ISO1600 EV0.0 f=5.9mm (28mm)
RICOH GR Digital F2.4 f=5.9mm

ODAKYU ROMANCECAR EXE (Excellent Express) 30000 Series.
Since 1996- (Good Design Award - 1996)
小田急 ロマンスカー EXE(エクセ) 30000形
1996年より就業 1996年にグッドデザイン受賞

線路沿いに街灯や車が通る道路も全く無い場所。照明で照らされている建物もありません。ちょっと先に踏切があるぐらい。
とにかく一番速く撮影できるように設定しても、0.11秒というシャッター速度。
# じつは、日曜日に撮影した一番最後の画像だったのですが、これがメモリの限界容量となった画像でした(内蔵メモリも全て使用して、 この一枚で決めてやる!といった状態)。

結果は、先頭車両の LEDにある文字が見えるじゃないですか。フォントが明朝体であることも判ります。
悪条件の中、ここまでできたのはかなりの幸運でした。

33%ぐらいにリサイズすると1077*808ピクセルですが、それで見た場合…運転台の偽色以外は良い感じ。
# リコーの ISO1600は RAWっぽいデータで、フジの ISO1600はピクセルごとの色変化や偽色を減らすために塗っている感じ。

プリントアウトしてみたいんですが、カラーインクも黒インクも大量消費するけど、あまり良いプリントに結びつかないような画像…なので、某店で印画紙にネットプリントすることにします(笑)

あと、デジカメに 256Mの SDカードを入れていたのですが、それを全部消費してしまうほど撮影したわけなんですが…じつは、また箱根に行ってリベンジ撮影してきたんです。

まあ、いっぱい撮ってきましたが、仙石原のススキのベストポイントにて、ベストタイミングが尽きるまでモデル撮影が占拠していて…(涙) 週末に気合い入れて来たアマチュアカメラマン達は、日が山の向こうに沈んでしばらく経ってからその場所で撮影開始。私も仕方なく、日没の背景を探してフラッシュを焚いたりもして撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.21

GR DIGITAL と 箱根 仙石原

新宿の予約してあったお店からロマンスカーVSEで箱根まで行って参りました。

R0017360
Hakone Sengoku-bara 2005/10/21 箱根 仙石原
1/320sec f4.5 ISO64 EV-0.7 f=4.4mm (21mm)
RICOH GR Digital F2.4 f=5.9mm + GW-1(x 0.75)

手っ取り早く撮影するために、空の色を落ち着かせようと EV-0.7にしましたが、まだまだ足りなかった様子です。白飛びしているところがちょっと多めです。
ススキの穂の先が開いているところを収めようとしましたが、風が吹いているし時間が足りないしで大変でした。

R0017366
Hakone Sengoku-bara 2005/10/21 箱根 仙石原
1/500sec f5.5 ISO64 EV-1.0 f=4.4mm (21mm)
RICOH GR Digital F2.4 f=5.9mm + GW-1(x 0.75)

これも惜しかった。ピントが合っているのは狙いよりもちょっと奥になってしまいました。中央のちょいと下のあたりですね。途中で折れた茎の部分です。
逆光の中で光るススキの穂が綺麗に輝いています。

もうすこし色々と試して撮影したかったですね。じつは、この日の日没前は気象条件がとても辛かったのです。
これらの画像は太陽がもうすぐ分厚い雲に隠れてしまう寸前なんです。薄い雲なら良かったのですが…。
さらに追い討ちなのは、バッテリが無いんですよ。買ったばっかりの付属リチウムは使い物にならなかったんです。家から持ってきた 単4のニッケル水素はメモリー効果のためか、あまり持たなそうな感じ。というわけで、すでにアルカリ電池に変更していたのでした。

R0017350
Hakone Oowaku-dani 2005/10/21 箱根 大湧谷
1/500sec f5.0 ISO64 EV0.0 f=4.4mm (21mm)
RICOH GR Digital F2.4 f=5.9mm + GW-1(x 0.75)
オマケの一枚。
21mm相当ですから、だいぶ情報が詰まります。ですのでちょっと情報量としては苦手な絵かもしれません。

そうそう、新宿のあるお店で GRお買いあげ一番目のお客でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて、GR DIGITTALで訪れる場所はどこにしようか

本日発売となる GR DIGITALを持って最初に行くところは?

「箱根 仙石原、ロマンスカーで。」

ということにしましょう。

大湧谷とススキがおめあて。ちなみに、このページの右上にある画像も大湧谷の物です。

2003年10月17日にも同じ仙石原に行きましたが、今年のススキは少し遅いような情報もあるので大丈夫でしょう。
その時の写真を 2枚ほど。昔のページの上の方にあるリンク先の画像です。

今回の記事で出ている画像は MINOLTA F100で撮影された物です。このデジカメもこだわりぬいて買いました。現在は家族が使っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.20

GR のカタログ届きました

日曜日から毎日店頭に通いました。今日も行きましたが…カタログは並んでいませんでした。
でも、帰宅したら届いていましたよ!バンザーイ。
20051019
よく見ると、封筒のリコーのロゴは旧い方になっています。

カタログの黒の使い分けが美しいですね。
特に表紙。台紙に相当する周りの「マットの黒」と、写真側の「グロスの黒」という使い分けがとても良い。

PDFではよく見えなかった画像もしっかりと見えます。

リコーさん素早い配送手続きありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.17

プレーオフで血涙続出

やってくれるぜテレビ東京。規制が厳しいとはいえ、フジテレビの放送時間ずれまくりに疲れた人がたどり着く憩いの場であったテレビ東京。こんな時期のプレーオフで放送延長するなよ…延長してもなんらかの救済対策をやってくれよ…。

しかも、テレビをプレーオフに合わせていた人が多かったことが話題になっちゃうし。
そんな程度のシチョーリツでいい気になるな!銀河最強は「うらら」にきまってるだろ!(荒れ気味)

お陰で「ぱにぽにだっしゅ!」の放送時間が20分ずれてくれました。しかも、Bパートのイントロがそれを予感させるような追い討ちっぷり。落ち込んでいる人は確実に存在している。

テレビ番組表見てのけぞったよ。
19:00(7:00PM)~2054(8:54PM)までが放送予定時間とあるのに、最大延長 22:39(10:39PM)まで。
20:54(8:54PM)~21:48(9:48) (休止のときあり)
21:48(9:48PM)~21:54(9:54PM) [N]プレイク
21:54(9:54PM)~22:48(10:48PM) [新]未来小包
22:48
22:54
23:24
0:00
0:35
1:00
1:30 ぱにぽに
2:00
2:30

これでど~やって録画しろと言うのだテレ東よ!
問題の番組はシチョーリツ13.8 最大27.5とか新聞に載っているよ…。
くやしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.16

湘南ビール

R0017204

天青にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.15

GR DIGITAL 製品カタログPDFが出た!!

うっひょ~、オフィシャルのページを見ていたら、右側にカタログへのリンクがある。
従来のA4 両面チラシでは 5.81MBになるわけがない! これは来たかっ!!

期待通りの製品カタログですよ!
なんと 12ページ。気合い入ってますよリコーさん。

くぅ~っ、PDF版は画像の情報量が削られているっ! 仕方ないけれども。
明日はお店に行ってパンフゲットだぜっ!!

GR DIGITAL発表会の帰りに予約したときのあの感覚がよみがえってきましたよっ!
まさに、
「信じる心」が「力になる」
な感じ。

GR DIGITALが叩かれているのは解る。だって、レイアースと同じで、それぞれの正義や願いがあり、それぞれが全身全霊をなげうって全うしたい事が違うのだから。

メーカーによって・ターゲット層によって解像感やノイズの残し方などが違うのは当然。
下の記事はコニカミノルタではなくて、ミノルタ時代の記事ですが、この二つはとても勉強になります。
「絵作り」とはいわばフイルムを作ること
目指したのは銀塩ポジの立体感

刃物で喩えてしまうことは変な誤解の元だし、リコーさんには迷惑かもしれない。けれど、私が GR DIGITALで感じているのは、
いつでもどこでも必要なときに取り出して使える「このサイズでこの機能」なスイスアーミーナイフや、自分でホーニングして使い込むナイフや肥後の守のような 「私の道具」 という安心感。
(特急電車の中でいつでも瓶入りの美味しいビールが飲める幸せ!(笑) 栓抜きだってあるからワインを買い込んでもOK)

刃先をパキパキ折ったり、すぐに刃先を交換して使えるようになるカッターナイフもどきや、デカすぎて持ち運ぶこともままならず、人の前で取り出したら相手が身構えたり逃げ出したりしてしまうようなサバイバルナイフじゃない。

みんなが困っているときに、スイスアーミーナイフが入っているケースをカバンの底からサッと取り出せる。そんなカメラなんですよ。

「カッコイイとはこういう事さ」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.10.14

ヤングアニマル 嵐を買うことにした

目的はただ一つ。
中島 零先生の漫画が載っているんですよ。
しかも読み切りではなくて連載とのこと。うれしーーーっ!。

今月は漫画関連で辛いことがあった。
いちご100%が最終巻だとおもっていたのに…あと1冊あるみたい。
…今回は唯の登場が極わずかで…ううっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.11

秋葉原GIGOは凄い

アイマスを今日初めて知ったという友人と一緒にGIGOの 6Fへ。
す・げ・ぇ!

セガ直営店ですよね?
アイマス16台はナムコ店舗でもないのでは?

女性のプレイヤーさんもおられました。
サラシ台では引退コンサートが開演されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.10

私がGR DIGITALで感じていること

長文なので、私がリコーのデジカメや最近のデジカメについて書いた文章を読みたい人だけどうぞ。

--
私は RICOH Caplio GXを発売日の週に買って 1年近く使い、GX8を発売日に店頭で実際に使ってみて購入。
GXから GX8という変化は、スペック表に出ないところでも改良された所があり、カメラとしてより良くなっていたので購入。

で、GR Dはお披露目イベントに行って、実際に使って、GX8と比較し、スペック表にない改良点も見つけた。
その帰りに GR Dを予約した人間なので、リコーよりな見方をしているとは思う。

--
解せないのは、異常とも言える GR D叩き。

一眼デジと対抗するためのカメラじゃないのに。
ボディサイズや狙っている価格レンジの都合で両立できない部分があって当然。

画素面積信者たちもそろそろ落ち着いて欲しい。
そりゃ、画素数が減って素子が大きければ、入ってくる光をそれぞれの素子がバランス良く受け止めてノイズが少ない画像になるだろうけれども、リコーはボディサイズとレンズの解像度を生かせるCCDを選んだという事ではないの?

フィニッシュの画像が、2/3や 1/1.8インチの低密度CCDと違うのは当然。ノイズだって違う。でも、解像度も違うんですよ。どこを狙っているかの違いなんですよ。
レンズの自信がなければCCDの密度を低くすれば良いだけ。そこをチャレンジしているわけだから。

ノイズが許せないなら買わなければよいだけの事。後加工で自分好みにしても良いわけだし。
…私は仕上がった画像に「伝えたい情報や空気感」があれば良いと思います。
宇宙空間じゃないんだから、自然の光はとても複雑。仕上がった画像が複雑だと悪いなんて事はない。

PCの画面で4倍に拡大してノイズが~~とか騒いでいるのかな?
JPEGの特性で情報が削られているのだから仕方ない部分もあるでしょう。
JPEGでは困る画像なら TIFFや RAWを使えば良いだけのこと。

最近のインクジェットプリンタは解像度が高いので、素直なプリンタドライバでも、元画像をさらに補って出力するものが多いから気にならないことが多いのでは。
普通に人間の目で見たら何も気にならない事が多いはず。
人間の目は 250dpiぐらいですし、印刷のクオリティを考えれば 350dpiあれば良い。網膜上では色として合成されているから点描でも絵は描けるのですよ。
最近のカメラなら、ハガキサイズ程度の印刷では気にならないんじゃないですか?

フィルムを 10倍のルーペで覗くのは、写真作品の鑑賞ではなくて「カメラブレを見る」ための行為。
JPEG画像を 8倍に拡大をして覗くのは、写真作品の鑑賞ではなくて「画素の並び方を見る」ための行為。

GRが意図している事を理解せず、値段と作りと性能のバランスを考えない発言の数々。
理想は理想として大事ですが、現実に製品化するための選択を認めない人達。

GR Dが狙ってきた新しいジャンルに対抗できるデジカメを持っていない会社の工作かと思ってしまうほど。
いち早く出してきて、年末に向けた話題を独占しそうなカメラですからね。

私は消費することだけを求められているようなデジカメをいっぱい作っている会社には追いついていけない。
私は日本的な車サイクルよりも、ヨーロッパ的な車サイクルのほうが合っている。
良い物を長く使ってもらうのがこれからの製品作りに必要なことだと思う。

自分のニーズに合致する車を選び、自分の生活をすこし車向きに変化させて楽しむ。
自分の撮影スタイルに合致するカメラを選び、自分の撮影スタイルをそのデジカメの特性に合わせて楽しむ
前に使っていたカメラの撮影スタイルが良ければ、前に1歩戻れば良いだけの事。

--
インプレスの画像は、スポットAFとありますけれど、線路の絵はどこにピントが合ったのだろうか…という画像で、カメラ本体のブレがありそうな感じ。
1/250秒で画質をFINEだかで撮っている鳥の石像も…他の機種の画像と比較するとひどすぎる…相手は動かないので、貧弱な三脚による本体ブレのように思う。
色味を見るための画像をマクロ撮影として載せているけれど、そんなときめきも無い画像はマクロの描写として何も参考にならない。どれもが、失敗の撮影データとしか思えない。

とにかく、ベータ機でも良いサンプル画像があるのでそちらも見て欲しい。
http://it.nikkei.co.jp/pc/news/digitalcamera.aspx?i=20050913dg001dg

--
GX8は広角での樽型歪みはあるけれども、全体の絵作りは良い。レリーズタイムラグも少ない。
その GX8をふまえてリコーは GR Dの開発を行っている。
・GR Dではレンズ枚数を減らしつつ、単焦点である強みを生かしたクリアなレンズ設計
・絞りも「円形絞りの差し替え」から「羽根の絞り」にして、「マニュアル撮影」や「シャッター速度優先」での撮影自由度を上げた
・半押しで「何処に着目してピントを合わせたのか表示」してくれるようになった

他の機種では当たり前の仕様や機能かもしれないけれど、リコーのデジカメは改良され続けていると実感している。

--
ミノルタのデジカメ F100を 2年使い、その次に GX・GX8を買い、ニコンのフィルムカメラ F80sを使い続ける根底にあるのは「意図した絵を収めることができるカメラを持つ」という事。
F80sの「コマ間データ写し込み機構」のお陰でリバーサル撮影が楽しくてとても勉強になった。

そんな「写真撮影という流れも楽しむカメラ」として私は GR DIGITALを使ってみたい。

長文にお付き合い頂きましてありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10月20日は小田急のカレンダー発売日

20051009
RICOH Caplio GX8 1/13Sec. F2.5 ISO400 5.8mm(35mm判換算 28mm相当)
ODAKYU ROMANCECAR LSE (Luxury Super Express) 7000 Series.
Since 1980- (Blue Ribbon - 1981)
小田急 ロマンスカー LSE 7000形
1980年より就業し、 ブルーリボン賞を1981年に受賞

駅のベンチに座りながら流し撮りです。私にとってロマンスカーとの出会いというと 3100形(NSE)と 7000形(LSE)です。撮影は夜だったのですが、駅の真横にある踏切が動き出して、踏切の方を見てみると、電車の明かりが遠くに見える。ずいぶんと早めに踏切が動き出したように思えたのでデジカメを取り出しました
# 小田急の踏切だけでなく最近の踏切は、通過列車や特急が来ると早めに踏切が動作します

じつは、この撮影の前に目の前を通過した VSEの撮影でカメラの設定をある程度行っていたので準備は速い(VSEの流し撮りは、撮影距離に対するシャッター速度が遅くて失敗)。
・マニュアルモード
・ISO400
・露出を見る
・ホワイトバランスを蛍光灯
・シャッター速度を調整
これらを確認してドバンと 7000形を撮影。とりあえずOKかな。
--

10月20日から 2006年の小田急カレンダーが販売されます。当日は新宿の売店が混むんだろうなぁ。ニュースリリースはこちら
ロマンスカーVSEがカッコイイ!(じょばー)

で、なんで新宿の売店で買うかというと、新宿の地下階にある改札の近くに TRAINS という小田急グッズ専門の売店があります。ここで小田急のポイントカードを提示すると 1%のポイント還元があるのですが、このカードだと、2000円以上で 10%引きになったりするんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.08

私的録音補償金制度

いま広告媒体でもいろいろ出ている「私的録音補償金制度」
# この広告の女の子は、Xenosaga II の TVCFにて、彼氏に XenoII を選ばれてしまったあの CFの人だそうで

話題になるのはパソコンや MP3プレイヤーから私的録音補償金を取らせてもらえませんかというヤツですね。

う~ん、私は MP3プレイヤーから取るのは別にかまわないですよ。1000円や 1500円をケチって非難されてしまう側にカテゴライズされるだなんて耐えられない。禁煙車の電車の中でいきなりタバコに火を付けた時のような視線に耐える勇気はありません。
MP3プレイヤーの記録容量で金額を取られてもかまわないです。年間使用料 1000円でもかまわないですよ。
携帯電話で音楽を聴くにはお金を追加で払わないと MP3が聴けないようになったのは同様の理由なんですかね?

ただ、パソコンの本体やパソコンのHDD容量に応じた金額を取ろうとするのはどうかと思いますが。HDDのバックアップに使うHDDとかまで取るんですか? バックアップ用のHDDを音楽の蓄積に利用しない証明を出せと?
仕事場の業務PCにまで取るというのも乱暴な気が。自作PCの人から徴収することも難しい。

学校での語学学習のために MDを使う場合もあります。自分の声を録音して後で聞き直す目的とかで。このMDはずっとこのまま取っておく予定となれば、これは私的録音補償金の返還をうけられるはず。
ただ、返還の請求資料と一緒に住民票を用意しろというのですよ。住民票に 300円かかったら MDメディア何枚分で申請すれば良いのやら…。

私が好きな音楽を楽しむためなら、音楽を作ってくれる人達や販売をしてくれている人達にはお金を払いますよ。
いままで MD本体を買ったときも私的録音補償金を払っていたし、MDメディアにも払っていました。NetMDが登場した時から私が買った音楽は SonicStageで管理していたのも、音楽の適正な利用を自らに課するためです。
だから MP3プレイヤーからも私的録音補償金を取るというのは不自然だとは思いません。

ただ、現在は昔のような枠での流通では中間マージンが多すぎて高くなるということは解っているだろうし、時代にあった販売方法と利益還元が必要だということは間違いない。MP3だけでは伝えきれない物があるならそちらも楽しみたいと思う。PCのクラッシュによって私が好きな音楽が消滅するのは悲しい。なので、CDという形態でも手元に持っておきたい。
私は CDも好きだし、SACDも欲しい。ヘッドホンだって良い物を揃えて待っていますから。

日本で初めて MP3データを販売したメジャーアーティスト 平沢 進 の活動はとてつもなくエネルギッシュ。他の人では不可能という理由はない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.07

来年の手帳の一つ

20051007

9月に書いた記事でも書いた 銀座 伊東屋にて取り扱っていた クオヴァディスの エグゼクティブ ノート 伊東屋 特製革カバーつき。

ちょっと頑張って買ってしまったぞという代物。仕事場に置いておく用途を想定して買ってみました。
じつはだいぶ前に買っておりまして、戸棚にしまってあるのですが。
う~ん、名入れをちょっと失敗してしまいました。

体育の日にもう一度伊東屋に行ってみるつもりですが、まだ在庫はあるのかな…。
職人さんの手作りなので、こつこつとしか入荷しないとのことでしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.04

的を得ていない発言も多い

どこかの掲示板では…
どこにピントを合わせたかを確認せずに遠景の葉っぱの描写がおかしいだの、メーカーはレンズの周辺光量落ちが存在しないとは言っていないのに描写が均一でない事に文句を言ったり。

リコーは MTFがまったく落ちないとは言っていないぞ。ズームして絞って撮影している訳じゃないんだから、絞り開放で周辺光量落ちや描写の違いが出るのは普通じゃないんですか?

というか、某ページにあるサンプル写真がいまいち解りづらい所がマイナスですね。マクロ写真の作例なら、もっとマクロ撮影っぽい被写体を選んで欲しいな。明暗の暗の部分にピントが合っている様子だけれど、ペンキで塗られた遊具の黄色の暗部の描写でときめくのか?

ピントがどこに合っているのか解らないサンプル画像もあるなぁ。時計にピントを合わせている様子なのですが、三脚ブレしている感じの画像なんですよね…。


とりあえずリコー提供のベータ機による画像サンプルを見ておくのも悪くないかも。

ノイズなどはだいぶ良好な感じで減っていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GX8の画像見納めか?

クリックすると大きな画像になります。
R0016827
RICOH Caplio GX8 1/68秒 F2.5 プログラムAE ISO64

雨による水滴で花びらが重たそうですね。

明日は、Caplio GX8を母親に貸す予定ですが…無事に帰ってくることを祈ります(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »