« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.31

キャストパズルの新作がポンポンと発売されないと思っていたら

コレを買いました。
このキャストパズルシリーズはそれなりに持っているのですが、このパズル、芦ヶ原伸之さんの遺作と言うべき最後の作品なんですね。

NOBさんらしい「やられた」という仕掛けもありますね。じつはまだ解けていません…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.30

チャングムの夢

チャングムの夢 というアニメ作品が放送されているんですが、声優さんの中で気になる人が居たので録画予約。
土曜日に本屋さんでアニメコミックスが置いてあるのを発見して、録画したヤツを見てから買うか迷いましたが、とりあえず購入。

帰りの電車の中で読んでみる…
「これは味っ子系か?」
久しぶりに料理系作品でなかなか良い物に出会えた感じ。
読みふけってしまい、電車で一駅先まで行ってしまいました。

とりあえず、アニメコミックスも買い続けそうな雰囲気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.24

アニメ ブラックラグーン いいねぇ

漫画だとたったの 1コマだけれど、アニメだと自分で読むのとは違う「間」があるわけで。
マーケットで暴れた後、レヴィとロックの護送中の煙草シーン…いいねぇ。

うお、次回はロベルタ登場ですよ。ついに時代の最先端なキャラ登場なわけですねっ!(ちょっと違う)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.21

TAXi4とか作られないんですか?

何かの拍子に「パニッツィ」という名前が浮かんだ。

日本車が独占していたラリー界を、モータースポーツ発祥の地であるフランスが取り返した「プジョー206WRC」の走りが思い出されます。グラベル(未舗装路)の フライングフィン グロンホルムと、ターマック(舗装路)の ターマックキング パニッツィなわけですよ。
特にパニッツィは本当に面白いドライバーなんですよ。
そりゃ、他のドライバーのバックミラーにあの表情でせまられたら空けるでしょうが、実際にもの凄いパフォーマンスなわけで。他のドライバーがあの走りは真似できないというくらい。
当然ターマックではピカイチ。ただ、グラベルにも積極的にチャレンジしているところがまた凄い。

映画で TAXi4とかが作られるんだったら、ぜったいにパニッツィも使って欲しい。演技指導なんていらないぜ!
ただし、前は306MAXIをぶち抜いていましたが、ここでは 406だか 407は抜かれる役でお願いね。
206WRCにぶち抜かれて、先のコーナーで206がドーナッツターンして手を振って引き離してゆく。打ちのめされたダニエルが「向こうは2人、こっちは客が2人で3人。客が1人だったら勝っていた」とか言って欲しい。
ちょっとググってみたら、オペルがでてきた


気軽に見れるパニッツィの動画はこちら

じつはこれ、普通にコンマ1秒を争っているアタック中にやってます。コ・ドライバーが普通にペースノート読み上げていますよね。
206WRCで優勝したときの走行シーン
車載カメラの映像あり

市販車のランエボでタイヤを鳴らしっぱなしとか
左足ブレーキのお手本ですかね。

一般車が走っているニュルブルクリンクを爆走
ラリー車は公道でレースをするために普通にナンバーが着いているので、一般車と一緒に走れるわけですね。
「誰もオレを追い抜かなかったよ。オレはいっぱい追い抜いたけれどね」


おまけ:
プジョー207のCF

207のページ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.05.20

おっと、アサヒカメラ買わなきゃ!

今日発売のアサヒカメラ ニューフェース診断室に ついに GR DIGITAL登場です!
最後のコメントまで見逃せない記事になりそう。

こちらの画像は雨がいきなり降ってきて15分ぐらいだかのところで撮影した物。
三脚とかあれば、絞りとかをもっといじって撮影できたのですが、スケジュールに押されていてあまり撮影できませんでした。
マニュアル設定で撮影していたみたいで、雲がだいぶ厚くて暗くなっていたので ISO200で撮影を始めたけれど、これはフラッシュを使用という良くわからない撮影データです。
R0020877


| | コメント (0) | トラックバック (0)

大和田秀樹先生 マカイど~(1)

あの「大魔法峠」の人の最新作なコミックスです。
買って読んでみました…。

48ページ目で吹いた。

商品番号 MC6809と…

108ページ目
商品番号 Z-80Aですか

やべぇ!MC6809と来た!波長が近い気がするぞ!(笑)

188ページのスパッタリングはあぶない…。ってゆうか、このあとはもっと凄い展開が…。

というわけで、モトローラの電話機が欲しいぎるくさんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.19

AMPといえば…

ATATACKED MYSTIFICATION POLICE DEPARTMENT
対妖魔特殊警察…という言葉がすらすらと出てこないといけません。

サイレントメビウス:完全版の 1巻と 2巻が店頭に並んでいますね。
1巻は、導入ストーリーの後、闇雲那魅のお話。
そして、「ブレードランナー」な話が2巻に続きます。いきなりこのお話から始まったら「え~」という感じになるでしょうけれども、キャラクターの紹介編なお話で良くまとまっています。

完全版にはカラーイラストページが増量です。
PC98や X68000、FM-TOWNSで発売されて、プレステにまで移植された CASE TIANIC のイラストもありました。
巻末には対談が載っていて、見逃せない情報がっ!

すでに30冊以上のサイメビを持っていますが、このシリーズも最後まで買い続けます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.18

本日のアイマス…

オーディション 「HIT-TV」 勝率70%が要求されるという恐ろしい「特別イベント」です…。しかも各ジャンル1位だけにしかポイントが入りません。
で、流行しているヴィジュアルで1位を2回取ったのに審査員退場ですよ。さすがCPUが4人もいると違うね。
最後もギリギリで落としてしまいましたが 7ポイントで一位通過
20060517


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.17

本日のお買い物

メガロポリスのハーネス(背中が当たる部分などの一体パーツを交換してもらいました。

なんと CEマーク付きなんですね。
私が仕事場で使っているテンピュールクッションにも CEマークが付いていたりしますが、他にも以外な CEマーク製品って家にあるかなぁ。

20060516


| | コメント (0) | トラックバック (0)

この漫画 良いねと君が 言ったから 6月23日は 宙のまにまに 記念日

いきなりヤバいタイトルですみません。

6月23日 宙のまにまに 柏原麻実 アフタヌーンKC 講談社

発売日には護国寺(講談社 最寄り駅)に行って記念撮影するですよ!

アーーーアーーーー
アローアロー聞こえますかーーー
MSO円卓会議のミナサマ コンニチワーッ アローッ
どうしようもなく 前髪とか眼鏡に反応するMSO予備軍の人達もきいてますかぁ?
僕様チャンたちの名前はマエガミソロッテイルオーガニゼーション兄弟ーーーッ
弟のぎるくでーす 始めましてー よーろーしーくーねー
こちらはただ今 遅めの晩酌の真最中ゥ
地元名産のピーナッツと 臭くて有名なスコッチを美味しく頂いてまーす

今からアフタヌーンを読むぜ
コミックスの予約すませたか? 文京区音羽方面にお祈りは? 書店の棚にドカドカと山積みさせるために水ごりする心の準備はOK?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.15

ヘッドホン比較中 QC2 と MDR-NC50

久しぶりに取り出した SONYのノイズキャンセリングヘッドホン MDR-NC50ですが、普通に一般店頭で売られている SONYの品物では一番高い物です。発売直後にヤマギワで視聴する機会があったので買いました(でも、あれは視聴といえるのだろうか…)。

一度、ノイズキャンセリング機能がおかしいと思ったので、保証期間ということもあって点検調整をしてもらったことがあります。
しかし、今は QC2をメインで使っています。

QC2は電源を切ると MP3プレイヤーからの音は聞こえません。
MDR-NC50は電源を切っても普通のヘッドホンとして音が聞こえます。
これは QC2のバッテリ切れのときには悔しいですね。

う~ん、QC2と比べると NC50は重いです。
耳を包んでいる感じも QC2のほうが良いです。QC2のほうが、きっちりと頭をつつんでくれています。

ノイズキャンセル効果のほうですが、やはり電車の中では大変です。
電車の中では NC50の電源を切った方が快適になることが多い事があります(え~)。
電車の中にある不快なノイズを強化して耳に届けるのはきつい…。
モニターボタンを押せば外の音が聞こえる機能がありますが…でもねぇ。

QC2は全ての外部ノイズを消すわけではありませんが、今いる場所で快適に過ごすためのヘッドホンであると感じました。
QC2のほうは外の声をある程度通しますが、電車の中で「いまどこら辺の駅?」というときに、注意して外の音を聞くとちゃんとアナウンスが聞こえるんですね。それなりに電車の音も聞こえるのですが、曲が流れたりすれば曲のほうであるていどマスキングされるので…。

で、結局ですね、QC2の下に、カナルタイプのヘッドホンをつけると凄い状態ですね(それかよ)。
QC2の下に CX200などを装着するとかなりの遮音状態になりますよ。
QC2のケーブルは取り外せるので、遠目には両側にケーブルが繋がっているヘッドホンです。

ただ、これはお勧めできないですね…。外の音を聞こうと思ったら、MP3プレイヤーの音を止めたりするか、二つも耳から外すというような手間がかかります。


カナルタイプに関しては途中でケーブルが分かれていたりすると、ケーブルをキチンとまとめないと面倒なことが多いですね。
QC2はカバンにしまうときや表面への傷の心配などがありますが、暑くならないうちはQC2を使い続けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.13

ヘッドホン比較中 QC2 と CX300

BOSEの QC2(NEW)と、他の品物を比較中。
こちらはアクティブ系なノイズキャンセリング。

今日は、耳栓系なものとして、新発売の ゼンハイザー CX300 と比較してみました。

CX300は、そのままつけると、ケーブルが体に触れるときのガサゴソ音が目立ちます。これは、ケーブルを顔の正面側から上側を経由して背後側に回してしまうことで解消することが出来ます。
うーん、外の音がだいぶ消えていると感じますが、電車の中の低い音が結構聞こえてきます。その代わり、人の声は殆ど聞こえないので、次に停車する駅とかのアナウンスが聞き取れません。外の声を聞こうと思った耳から取り外す必要があります。
あと、ステレオ感がどうしても足りなくなります。耳の中に入れている関係で、普段の聞こえ方と違うためだとおもいますが、頭の内側で鳴っているような感じになってしまいます。そのために音の臨場感がさほど高くありません。

QC2は全ての音を消すような設定ではないため、人の声がある程度聞こえてきます。外の音をさらに聞きたいときは、ヘッドホンの右耳側にあるスイッチを切るか、片耳側を耳から外すだけでOKなところおが良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.12

Xenosaga III

NEKO MIMI MODEですか!

Xenosaga III ツァラトゥストラはかく語りき 7月6日発売

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.11

アイマスで出会いが

ゲームプレイ後に、初めてアイマスをプレイしようとしている人からゲームの質問を受けましたよ~。

私のアイマス進行度は、雪歩 111万 ランクA UPリミット4週です。
まあ、150万までは行きませんし、特別オーディションは2つ落としていますから…。
あと4週で終わりです。でも、ファンの数についてはベストを尽くしますし、コミュも頑張りますっ!

メールを生かしながら最大限楽しんで引退を迎えようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.09

書きかけの記事を消した

しかも、新しいカテゴリーを作ってまで記事を書いていたのに、ブラウザごと終了させて記事を吹っ飛ばしたり。

というわけで気分を変えて、前からやらにゃいかんということでメディアの用意だけしていた「古い音楽CDで皮膜が傷ついているヤツのバックアップ」を行うことにしました。

メディアを買うときにはいろいろ考えて買ってみました。
収納サイズと取り扱いの良さを感じさせる品物を探す。次に価格とのバランス。
で、決まったのは太陽誘電の品物。
以前からこだわりの品物であることを Webで積極的に配信している事と、カセットテープ時代から利用させてもらっている信頼もあります。
That'sレーベル セラミックコートの 楽らく収納シリーズの第3弾 ファイルケースタイプ です。
しかし、一つ問題が。このメディアには 私的録音補償金 が含まれていないんですよ。

う~ん、悩むなぁ。MD派だった私としては、私的録音補償金は払っても良いんですよ。払う事に対して抵抗はありません。

でも、今回はオリジナルのメディアは、デジタル的にというか、CDとして劣化していて、本来の音ではない状態…誤り補正ではなくて、データ補正訂正技術で鳴っている音が出ると思える状態。
いつまで聞けるか解ったもんじゃないんですよ。

バックアップは非常用であり、オリジナルが死んだときにのみ活用する物として保存しておくのは良かったはずですが…。

とにかく、長期的な保存に耐えるCDを作ってくれないとこまるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.03

Xbox360 OverG

初めてこのシリーズをプレイしていますが、エキスパートモードの A-10が地獄です。
他の機体でやったらあっさりクリアとかもいっぱい。

ステージには、表示されていないけれど制限時間が設けられていたりする…。
補給で戻ったときは、
滑走路に着陸→誘導路→エプロン・補給→誘導路→滑走路に戻らないて離陸などという事までします。
でも、コレで時間節約になっているのかな?

今は中南米のあたりで悪戦苦闘中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »