« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006.08.30

ニコン D80のイベントに

ニコン F80を持っている私としては見逃せない D80の体験イベントに行って参りました。

会場は六本木ヒルズ。随所に案内する人が居たので助かりましたが、ダイレクトメールでもらった案内ではたどり着けないような会場でした。

例の不思議なエレベータ(1機のエレベータが2階建て)に乗って40階まで。

会場は結構な人手。トークイベントを 2セッション聞きました。ニコンのこだわりや、80という番号を与えるにふさわしい努力の数々、ユーザインターフェースにこだわっていることが良くわかる内容でした。他社製デジカメとのファインダーやレリーズ感の違いや、手に持ったときの感触の違いなどの展示コーナーも良い感じ。

これは買いです。

会場で撮影したポスターをGR DIGITALの画像ギャラリーに収めましたので、画面右側のリンクから入ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.26

宙のまにまに 12話

柏原麻実先生の漫画が読めるのはアフタヌーンだけ!
というわけで、アフタヌーン10月号発売です。

そうそう、ネガプリントだと、失敗写真と判断されてプリントされないコマが発生したりするんですよね。
一般的な被写体相手で、明らかに失敗なコマがスキップされるのはお財布に優しくなってくれるわけですが…。
私が前回撮影したときは、(常識外れの)ポジ撮影でスリーブ仕上げでしたから心配有りませんでした(笑)

※ネガ…オレンジ色ベースの一般的なフィルム 色が反転している
※ポジ…いわゆるスライドフィルムで見たままの色で記録される、仕上げは 6コマずつ繋がったままのスリーブ仕上げ(安い)か、 スライド用のマウント仕上げ(高い)が一般的 別名リバーサル

あ、知り合いに第1巻をプレゼントしたんですが、良かったとの事です。


# まにまに先月比: ○○o○ +1人、眼鏡キャラ -1人 (高木さん)、前髪変化 1人(No.24 高梨ゆかり)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.24

良くわからない写真

R0021859
なかなか難しいんですよ。
ロマンスカーVSEから ロマンスカーVSEを撮影するのは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.23

眼鏡のお手入れ

私の使っている眼鏡は 増永眼鏡 Kawasaki Kazuo Ph.D アンチテンションコレクション MP662です。

なんか、メーカーのオンラインカタログから落ちていますが、店頭ではまだあります。

この眼鏡の鼻かけが少し広がってしまったのと、テンプルから弦のほうが少し広がってしまったので、買ったお店に持って行って修正をお願いしに行きました。
すると、眼鏡のレンズを支えているゴムパーツも劣化しているのでそれも交換するとのこと。

店内には、増永眼鏡が出ているところに付箋が貼ってある雑誌があるのでそれを見てみる。
うわ、なんか凄い眼鏡を作っているみたいですよ。タイガーウッズの視力を引き合いにしたインタビュー記事が。
ゴルフ用なのかな? なんか、見えなかった物を見える用にする「視力 3.0や 4.0を実現する眼鏡」を作っているような記事でした。すげぇ。

修理が終わったあとに店内にある新しいシリーズの眼鏡を見てみる。ネジを使わないタイプの眼鏡は作りが凝っているなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.22

新しい靴を購入

ここ数年はこのシリーズの靴ばっかり履いています。
Hush Puppies ハッシュパピー M-5567 クロ
20060822
日本では大塚製靴が製造販売している靴です。
大塚製靴は自分たちの靴をしっかりと補修してくれるサービスがありますが、私が愛用しているシリーズのかかとは補修が出来ないタイプの靴なんですね…。ちょっともったいないか?

過去の記事 その1 その2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.19

MDR-EX90S その2 電車の騒音編

BOSE QC2を使わずに SONY MDR-EX90Sで 1日使ってみました。

MDR-EX90Sでは、普通に歩いているときに風を切っている音だ!という音を感じないのが不思議です。
あと、標準で耳に当たる部分のパーツが L、M、Sサイズで用意されていて、とりあえず Mを使っていますが、3時間以上の連続装着だと耳が痛くなってきたりとか。Sサイズの方がよいのかな…。

QC2と比べると、騒音に弱いためにボリュームを上げ気味にしてしまいます。
というわけで、電車と騒音についてちょっと書いてみたいと思います。

通勤電車の場合は、いつも乗る電車の形式(30000型とか3000型とか)や型式(VVVF 3M 3Tで、2両目は弱冷房で M車 冷房は 1箇所集中 連結部分には扉が有る)を見極めてから車内の居場所を決めるのが大事なのです(笑)

たとえば、昨日の朝乗ったのは、小田急 3000型 2両目 小田原方の 3人掛けシート 海側の一番東寄りの座席だったわけです。通勤時のポジションとしてはなかなかポイントが高いのです。後ろは窓ではなくて化粧板ですから、背筋を伸ばして後頭部をくっつければふらふらしませんし、窓でもないわけですから太陽光線で熱いとか寒いとかは関係有りません。弱冷房なので、電車に乗り込む前に急いで走ったりして体温を上げないようにしておくことも重要です。

連結部や扉に近い場所に座りましたが、連結部の扉のお陰で車外からの騒音はだいぶ緩和されています。ポイント通過時や非ロングレール区間でも連結部の扉は重要になるわけですね。
走行時に気になる開閉扉のガタツキ音が無い車両なので、開閉扉側でも問題有りません。
唯一の難点はモーターを搭載した台車が 2台ある車両だということです。
ちょっと前の電車は、モーターを搭載した台車が有る場合には、車両の外側には架線に伸びるパンタグラフがあったり、台車の上の部分の床板が開閉できるようになっていたりしたので一発で見分けが出来ました。

しかし、最近の車両の場合、床板にメンテの扉が無い物が多くなり、パンタを搭載していなくてもモーターのある台車が動いていたり、1両に2台有る台車のうち片方だけモーターを搭載していたりと、一見では分からない車両も増えてきました。
車外から見分けるには、自分の真横を電車が通り過ぎる際の「加速時や減速時の音を聴く」というものが有ります。最近は電気ブレーキ優先のモーターによる発電と回生があるので、減速時でも見極めが出来ます。
また、運転台の液晶パネルにモーター車やモーターを搭載した台車が表示されていたらそれを覚えておくのも良いです。

小田急の場合、通勤車両で運転台のある車両はほとんど T車だと思います。京急だと M車が多いはずです。
ちょっと古めの車両だと、走行時に運転台からの空気侵入音が目立つ場合があります。
また、女性専用車両の有無を把握しておいて、間違った車両に乗らないように気をつけるとか。
通学の高校生・大学生の多い車両や区間や時間帯の把握も、車内騒音の回避には重要です。

…なんじゃこの文章量(笑) でも、こういった要素を考慮してポジション確保することが通勤時のリスニングには重要なんです。
でも、地下鉄については通勤経験値が少ないので良くわかりません。ただ、道路に沿った線形の騒音のひどさには閉口しますね。特に大江戸線は金かえせという感じ。塗油器壊れてんじゃないの?とか、箱根登山電車みたいに水を撒け!とか思ってしまいます。

ロマンスカーの EXEはモータの音がうるさいんですよね~。
VSEのモーターは騒音対策がなされていてとても良いです。VSEの運転台の下にある台車はモーターが有りませんが、展望席の目の前にエアコンがあるのでそっちの騒音の方が目立つとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.18

MDR-EX90S その1

またヘッドホンを一つ購入
SONYの新しいインナーイヤータイプのヘッドホン MDR-EX90SL NUDE EX monitor を買いました。

さて、それでは聴いてまいりましょう。
ThinkPad T42p SonicStage + AUDIOTRAK OPTOPlay(スケルトン+赤モデル)
とりあえず OPTOPlayのアナログ出力できいてみよう。
リファレンスCDはどうしようかなぁ。とりあえず選んだのは ルパン三世 テーマ '97(うは)

MDR-EX90SL…ブラスが綺麗に聞こえてくる。コーラスも良い感じ。monitorを名乗るだけはあるね。

MDR-EX81SL…なんか、音がすっきりしないなぁ。カーテンの向うに音がある感じ。

では、OPTOPlayの光デジタル出力を SONY DP-IF8000につないで、ヘッドホン用のジャックに MDR-CD900STを接続。
お、MDR-EX90SLと同じ傾向ですね。
MDR-Z600だと、低音がちょっと強いです。そのために、中音がちょっと遠いですね。

OPTOPlayをアナログにもどして、STAX SRM-300+SR-202の組み合わせにしてみます。
うは、嫌みにならない落ち着き払ったベースがオトナですね。振動板の大きさを感じさせる余裕です。
中音のコーラスもブラスも綺麗に聞こえてきます。

OpenMG ATRAC3plus 64kbps 44.1kHz で圧縮録音された音を比較してみましょうか。
涼宮ハルヒの詰合わせから God knows... でいきましょう。
うむむ、圧縮音源でも明らかに違いますね。
STAXだと、低音が余裕たっぷりでバスドラムとベースがすっきりと聞こえてきます。
MDR-EX81SL<MDR-EX90SL<STAX SRM-300+SR-202 という結果は変わらず。

BOSE QC2との比較では、電車などの騒音環境下では、QC2の勝ちです。QC2は低音のパワーがとてもありますが、それは周囲の邪魔な騒音が消えている事も加味されていますね。


SONYの昔のインナーイヤータイプは、ケーブルが下に伸びるタイプだと「頭を動かしたときのケーブルのごわつき音」が目立ちました。
ただ、SONY MDR-EX81SLはインナーイヤーだけれど、耳にかける部分にケーブルが内蔵されているタイプなので「ごわつき音が解消されました」が、収納時にケーブルが絡まりやすくて取り扱いが大変でした。
あと、インナーイヤータイプを装着して街中を歩いていると、ヘッドホン部分に当たる風によって「ヒューヒュー」という音が聞こえる物がありました。

SONYの新しいヤツは、ごわつき音が出やすいスタイルですが、従来の下出しインナーイヤーと比較すると、普通に頭を動かしたりする程度ではとんでもない耳障りな音は出ません。やはりケーブルが凄くしなやかになっているからですね。
専用ケースもあるので、収納時の絡み問題がひとつ解消しました。

BOSE QC2と、AKG K501との比較は明日ぐらいにでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.17

AFTER BURNER CLIMAX

ゲーセンに行ったら、懐かしすぎるタイトル作品の最新版があるじゃないですか
AFTER BURNER CLIMAX
AM2研のあのゲームが再びゲーセンに殴り込んできました。
新宿西口のSEGAにてロケテ中です。

というわけで、この記事は アフターバーナーIIのサントラを MDR-Z600経由で聴きながら書きますよ。

初めてゲーセンに出てきたアフターバーナーは、ごりんごりんのFM音源らしいチョッパーベースの上にサンプリングによるドラム・ギター・オーケストラヒットが鳴りまくります。名曲ぞろいです。
私はアフターバーナーIIの X68000版でひたすら遊びましたね。

シートベルトをきちんと装着して、コインを入れてスタートボタンを押しますよ…。

「ブフャォッ!」

お~このクレジット音だけで感動ですよっ! 懐かしい!

今度は機体が選べるんですね。トムキャット、ホーネット、イーグルですか。機体ペイントも選べる。

ぐはっ、ミュージックセレクトがあるじゃないですか。スロットルを SLOWに入れてミサイルボタンでトグル切替。ちゃんと AFTER BURNER IIの曲が選べますよ。
オールドゲーマーですので旧い方の曲をセレクト。

う~わ~ FINAL TAKE OFFが泣けるねぇ。SE音も懐かしい。

「ファ・ファ・ファ・ファイヤ!」

ゲームの方は、
シートベルトを装着して、手荷物は友人に持ってもらうか、筐体の外に置くこと。
シートベルトを装着しなかったり、筐体の台に荷物を置くと安全装置が働いて筐体がロックされます。

スロットルレバーで SLOWと FASTが使い分けできて、FASTでさらに押し込むとクライマックスモードが発動して、ちょっと前のバーチャコップみたいになってスロー中に大量の敵をロックオンできる。
飛行中は基本的にバルカンを押しっぱなし。
友軍と一緒に飛ぶときがあるので、その時はバルカンを使わないようにする。

でかい敵にはロックオンマークが複数重なるので、その数ぶんだけミサイルを発射。
後ろから来て通り過ぎてゆく敵はバルカンでOK。撃ち漏らしたらミサイルで追い討ち。
遠くからせまってくる来る敵にはミサイルで。
遠くから編隊がせまってくる場合、大きい爆撃機が居たらそいつを落とすと誘爆してくれるのでミサイルが節約できる。
ミサイルを大量にぶち込む必要がある編隊や敵にはクライマックスモード発動で対処。
コブラをかましてくるフランカーを眺めるも良し(笑)
どーしよーも無い場合はシザー運動で乗り切れ!
後ろからのミサイルはアフターバーナー全開で引きちぎれ(うわ)

OverGの鬱憤を晴らすようにミサイル撃ちまくりっ! やっぱり、いいですね。
懐かしいコピーを引用させいただくならば

感動 ほどんどそのまんま

ゲーセンで見かけたら連コインすることをお勧めしますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.14

喉について

コミケ前から発動してしまった喉の不調ですが、
声帯が赤く腫れているそうです。

薬剤師さんから
「いつから症状が出ていましたか?」
「10日ぐらいから…」
「様子見しすぎですね」
「(風邪による発熱が治まったから、
 コミケ前に全部治ると期待していたし…)」

初めての体験として「鼻からファイバースコープ」が。
え、あれで 6000円取られているんですか。

仕事場に行こうかと思いましたが、
「仕事で話さなくても仕事できるけれど、薬を飲んで安静」でしたので休みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミックマーケットお疲れ様でした

私は3日ともガラガラ声でした。
会話が思うように出来ないのは大変ですね。
買い物のたびに、そのサークルの売り子さんに迷惑かけまくりです。

2日目の冗談で言った事が的中して、3日目は寝坊してしまったりとか。お陰で3日目は市中引き回しで、観覧車がよく見えるところまで並びました。

3日ともコーヒー豆を持ち運びながら練り歩き。
コーヒーが苦手な人も居るかもしれないけれど、差し入れで持って行きました。

頭に被った手ぬぐいに、家から持参した冷水(氷が溶けたもの)を振りかけながら外周に並んだりですよ。
2日目は笑ってしまうほどの豪雨が降ってきて、帰りの特急が運休になったりしました。
3日目は意外に日が出ましたね。腕のあたりが日焼けしてしまいました。

みなさま、お疲れ様でした&ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.08.10

コミケですよ~

今日はガーゴイルのお面切り抜きをやってきました。
http://atariya.dojin.com/kanai/

さて、今年もコミックマーケット70の時期となって参りました。
買い物はある程度済ませましたが、明日は事前準備で忙しくなる予定です。
サークルチェック…初日分しか終わっていません。

初日はいつもの仲間と会場7時台到着コースです。
午後はお面製作の仲間たちの所にいるかと。


先週末にひいた風邪の影響で痰が多くって、寝苦しい夜になりそうです。
まあ、ここ数日続いた「未明の大雨がうるさくって起きる」という事は無さそうですが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.07

うう~ん、体調が

金曜日に HDDを買ったのですが、店頭在庫が寂しいですね。
普通の HDDよりも高信頼の製品を買いたかったのですが、数店回った程度では見つからない。
秋葉原まで行く時間が無いんですよ…。

Xbox360で発売になった旋光の輪舞で遊びたいけれど、コレで体調を崩したら仕事に行けないし…。

日曜の夜は体調回復に努めているところです。
あ、仕事が 1つ残っているんだった。メールを 2日ぶりに見て気がついた…。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.08.05

家族用の携帯電話を購入

いや~Vodafoneが既存携帯の投げ売りモードですね。上位2機種を除くと1円携帯がバシバシ並んでいますよ。買い換え需要も無理矢理掘り起こしたりしていますし…。

で、そんなラインナップの中で、上から 2番目に高い携帯電話を買いました(笑)
あのサイズで VGAの画面はすごいね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事帰りに池袋

カシマミ先生のページ に情報が載っていた アニメイト池袋本店で行われているアフタヌーンのフェア展に行ってきましたよ~。
お店が 7時までかと思っていたら 8時までだったので、仕事帰りでしたがゆっくりと見ることが出来ました。

おーっ、姫ちゃんの原稿です。目線の高さにあるのが嬉しいですね。
印刷では出てこない部分を見ることができますし、トーンの使われ方も見えます。
カラー絵もありますね。

フェアはアニメイト 池袋本店 9Fで 9日まで。10~20時です。

あ、池袋に行ったんだから、ジュンク堂参りしてくれば良かった…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.04

それでも鯖寿司が好き

昨日の仕事帰りに、友人宅に行って仕事をする予定があったので、帰りの特急電車の中でしめ鯖を使った巻き寿司を食べました。ちょっと酢の風味が弱いヤツがあったんですよね…。

作業が終わって帰宅したら、とても激しく凄い勢いで未体験のトイレタイムですよ。
いやぁ、脱水症状が怖いと思いました。
自転車用の「キャメルバッグ」に水をぶち込んで、塩・砂糖・オリゴ糖シロップをぶち込んで、ちびちび飲みながら安静状態でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.02

警死庁24時と、もう1冊購入

例の大魔法峠の作者である大和田秀樹先生の作品の一つ「警死庁24時(1)」を購入。
しかも、まにまにと一緒に(笑) 狙い通りで重版分でした。
2006年7月7日 第2刷発行とは、気が利いていますね~。お、製本所が違いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »