« ロットリングの万年筆 | トップページ | HDDレコーダの大変なところ »

2006.10.30

川崎和男が目指しているメガネ

愛用している Kazuo Kawasaki MP-662のフレームを修正するために、青山キラー通りにある増永眼鏡のお店に行ってきました。
そのお店にあった物をひとついただいて帰ってきました。
R0022648

レンズから解放されるべき時代にメガネは向かっている。
目の前の空気そのものの屈折率を変えればいい。
それが私の目指しているメガネである。
Kazuo Kawasaki Ph.D

右側には 人工心臓の光造形モデルの絵が。

どっかに画像があるかな~と思って探してみると、川崎和男先生のページに同じモデルの回転画像がありました。

すごいなぁ。

« ロットリングの万年筆 | トップページ | HDDレコーダの大変なところ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川崎和男が目指しているメガネ:

« ロットリングの万年筆 | トップページ | HDDレコーダの大変なところ »

2023年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ