« ついに右足の魚の目が | トップページ | 魚の目 第2回 »

2006.11.28

フザケンナ Adobe

Adobeからこんなメールが届いた。同様の内容はこちらでどうぞ。

 この度、アドビ製品を常に最新版にてお使いいただいているお客様への配慮、またサポートの向上という面から、アップグレードのポリシーを改定することにいたしました。
次回の主要リリースから、クリエイティブ製品のアップグレード対象に新しいポリシーを適用し、過去主要3バージョンまでをアップグレード対象とさせていただきます。それ以前のバージョンをお持ちのお客様に関してはアップグレード対象外となり、通常の製品版をご購入いただくことになりますので、何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

 お客様には製品のご購入計画を見直し、ご検討をいただける十分な時間を確保するために、ポリシー改定に先立ってご案内させていただくものです。この機会にぜひ、最新版でご提供しております最先端の優れた機能・ソリューションをご検討ください。


はぁ!? 最新版で使えない機能があるからアップグレードする気がおきないんですが、次バージョンでキチンと盛り込むんですか?

てゆーか、最新版でしか無償でのメールサポートはしないんだよね。
アップグレードの制限を増やしておいてどこがサポートの向上だ。Adobe様は殿様商売ができてうらやましいですな~。


私は1ヶ月前に Adobeに問い合わせたことがあった。簡単に言うとこんな感じ。
「MX2004と Contribute 3の連携について Webから問い合わせをしたいが、私の持っている Macromedia Studio MX 2004の問い合わせが Webから出来ないのはなぜか?」
「最新版しかサポートしねーよ」

私は Dreamweaver4の時代から使ってきたユーザで、とりあえず 2004まで来て安心して使えるところまで来たと思う。Fireworksも愛用しているし、途中で Flashや Freehandのライセンスも追加した。
そのユーザに対して、「最新版を使っているヤツしかサポートしない」と言われたときはショックだった。
じゃあ、Web上で旧バージョンのパッチをずっと提供しているのはなんなんだよ。ダブルスタンダードじゃないか。

しかも、昔のバージョンで i-modeコンテンツ作成支援機能を機能追加で提供しておきながら、最新版の Dreamweaverではサポートしていないし、同じ機能追加ファイルが正しく利用できないじゃないか!
最新版のバージョンにおいて、過去の便利な機能が全て使えてこそ最新版を使う意味があるわけで。
特に i-mode支援機能が最新版で使えないのには納得できないので問い合わせてみたいと思う。


過去の問い合わせ内容
~~
Studio 6の Dreamweaver MX 2004 と Contribute3の設定に関して Webから問い合わせを行いたいが、
どちらもユーザ登録してあるのに、Web上の問い合わせメニューソフト一覧に Dreamweaver MX 2004が表示されない。
Contribute 1 と 3は表示されている。

~~
誠に恐れ入りますが、無償サポートにつきましては、
最新バージョンのみが対象となりますので、
それ以前のバージョンは、製品のご登録をいただいておりましても、
テクニカルサポートのお問い合わせフォームからご選択いただけない仕様となっております。

今回のお問い合わせ製品の中で無償サポートをお受けいただける製品は、
Contribute のみとなりますので、何卒ご了承賜りますようお願い申しあげます。

~~
…じゃあ、なんで Contribute 1が表示されるんだよ!!!

|

« ついに右足の魚の目が | トップページ | 魚の目 第2回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/653/12851071

この記事へのトラックバック一覧です: フザケンナ Adobe:

« ついに右足の魚の目が | トップページ | 魚の目 第2回 »