« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007.01.29

10月はSPAMで満ちている

今日は仕事場で迷惑メール関連のネタがありました。
そこでふと思って紀伊国屋へ。
桜坂 洋先生の 「10月はSPAMで満ちている」が入っている 新潮文庫 「七つの黒い夢」を買ってきました。

桜坂先生の作品が好きですし、同じ眼鏡好きですので、文庫で買える物はこれでほぼそろったのかな。
spamと書くべきか SPAMと書くべきか悩みましたが、作品中には SPAMが出てくるので、大文字の方で良いのでしょう。
桜坂先生の作品をもっと読みたい。「よくわかる現代魔法」シリーズとかをもっと読みたい。
家電や携帯電話の中にある TRONとか Javaの世界で生き残り続ける意志生命体とか。

~~
なんか、Norton Internet Security 2007には 迷惑メール送信防止機能はあるみたいですが、迷惑メール受信対策機能は無いのですね。それでメモリの使用が減って起動が早くなったとか言っているわけですよ(笑)
WindowsXPの環境の人だけに「追加機能」として迷惑メール対策が入れられるそうです。
でも、その機能は Windows2000はダメで、Windows Vistaで使えるとは書かれていません…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.27

IM@Sのプレイメモ作り

Xbox360 IDOLM@STERと、PS2・PSP Routesが発売されましたね。どちらも期待しているソフトかつ、すでに他の機種でクリア済みなんですが、両方とも買いました。

アイマスのほうは1年目クリア。
ソロの時はこんな感じでメモしながらプレイしています。

活動内容を決めるまではこんな感じでメモします。
一番左側に空白を入れていて、(H):ハート数、LV:レベル、T:テンション、朝の挨拶とテンション変化、ユニットジャンルVisual Dance Vocal / 流行ジャンル Dance Vocal Visual 新曲投入 曲ジャンル:Vocal 歌名 テンション変化 ユニットジャンル という感じで。(H)は、実際にはハートマークを書いています。

  42/10 (H)8 LV11 T3・1 おはよー!→ T3・1 ViDaVo/DaVoVi 新曲 Vo 蒼い鳥 ↑T3・7 VoVida

活動内容を決めたら次のように。1段目の左端に選んだ仕事の先頭文字を。2段目は 選んだ仕事 オーディション名 ファン増加数 (アピールテンション変化) 声かけテンション変化 Dance審査員帰る ポイント数 順位 残りハート数 ファン数 / ランクアップまでのファン数 (ファンからのプレゼント) (キャラからのメール)
オ 42/10 (H)8 LV11 T3・1 おはよー!→ T3・1 ViDaVo/DaVoVi 新曲 Vo 蒼い鳥 ↑T3・7 VoVida
  オーディション 今夜は帰さない 5万 ↑T3・8 DaRtn 13P 2nd (H)5 273295/26705

後は事務所での出来事を 2段目の後ろの方に記入します。

レッスンの時はこんな感じで。
仕事内容 レッスン名 レッスン評価 レッスンテンション変化 ファン数変化 (ファン数テンション変化) プレゼント メール

レ 47/5 (H)2 LV11 T3・5 おっはよっ→T3・5 VoViDa/DaVoVi
  レッスン ダンス Good ↑T3・8 315144 No48:ファンレター メール
実際にはメールマークを書いています。

マイクロソフトポイントを100つかうと、キャラからメールがとどくようになるので、メール着信が着信した週もメモしておきます。次週がワクテカする可能性があるので。(ワクワクテカテカ:テンションMAXとなり、どんなことがあってもテンションが落ちないし、ユニット能力が上がるお陰でレベルが一時的に 2つぐらい上がる)

あとは別のページに以下の物を配置します。上から順に書いてみますね。
まずは、ユニット名等のメモです。
キャラ名 ユニット名 ランクアップオーディション プロデューサレベル
の順です。

千早 ☆宙のまにまに☆ [v][v][v] □□□ □ 見習いプロデューサ LV1

同じく別の箇所に「衣裳とアクセサリーのジャンル」もメモしておきます。
衣裳ジャンル 頭 身体 手 足 の順ですね。
Vi All Vi Da Vo Vi
Vo All Vo Vi Da Vi

次に、歌の記録も付けておきます。
投入週 順番 ジャンル タイトル です。

1 1st Da GoMy Way
12 2nd Vo 9:02 PM
23 3rd Da IDOLM@STER
37 4th Vi ポジティブ
42 5th Vo 蒼い鳥

一番下にはオーディションの週 順位 可否 を右端から左に向かって書いていきます。

50   48   44   42   37
2○←1○←3○←2○←1○

複数ユニットの時は、各パラメータの上や左にキャラ名の先頭アルファベットを1文字記入します。

随分とメモしていますが、ゲーセンではプレイする日をまたぐことがあるから、情報はこれぐらい集めるクセがつきました。

アイドル育成は計画的に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.24

Xbox360のゲームを購入

アイドルマスターじゃないですよ。
GEARS OF WAR です。これって Z指定ゲームです。

常にメディアがぐるぐる回っていて、ステージデータの先読みしている。
敵が硬い。ヘッドショットとかやらないとやってられない。
でっかい敵の体当たりを食らうと、主人公がパーツごとに砕け散る。
メイン武器に付いているチェーンソーが決まると、ディスプレイには○がべっとり。

ACT2までクリア。長い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.23

ThinkPad R40を修理

家族が使っている ThinkPad R40 2681の CPUファンが異音を出し始めたので、前回の通りにサクッと FANアッセンブリを注文。

電話先
日本アイ・ビー・エム(株)部品センター 
TEL 03-5445-0365 平日9:00~12:00 13:00~17:30の間に電話
機種名 型式 欲しい部品番号を伝える
購入申込書は郵送 or FAXで
今回も家のFAXへ送ってもらいました。
うお、前の T42pは3750円だったのに、R40のほうは5390円だって。後は1000円の送料と消費税で6709円に。

翌日に振り込んだら、1日後に出荷されて2日後に到着。

うーむ、キーボードが外しづらい。保守マニュアルでは、外すパーツがひとつ不足してたよ(笑)
T42pと比べると随分と簡素なファン。放熱面積は少なめ。ヒートパイプは 2本。
新しいファンのヒートシンク側には銀を含むグリスが塗布されている感じだけれど、年のために手持ちのシルバーグリスも塗っておく。ネジはそれぞれ半回転ちょいぐらいで対角に締めてゆく。

キーボードの装着はラクラクでした。取り付けは何も問題なく作業完了。だいたい40分ぐらいでした。
作業する際は、精度の良いプラスドライバーを使うと楽ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.20

というわけで全巻購入

「総理大臣のえる!」シリーズの小説版を全巻(1~8)一気買い。

ある本の一番後ろにある広告には「世界で1番、わたしが正義ィ!!」な暴れん坊プリンセスがありました。

購入店舗は…「一ノ瀬さんがいるところ」とか書くと「一刻館とか?」の世代ですか?
「一ノ瀬 弓子クリスティーナが居る本屋」と書けば判るひとには判る。
あのとんでもないイントロから始まったあの巻の頃につくられた等身大?POPスタンドですね。桜坂 洋先生の作品ももっと集めないとね。
javaカードは大事に取ってあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.19

ふと手にした本に…

部屋は山ほどの本があるのですが、夜も遅いというのに、ふと谷川 流先生の「涼宮ハルヒの動揺」を手にしてみた。
お、6巻目で「ライブアライブ」が入っている巻だったか。DVDでも6巻だったよなと思ったり。
…アニメ版との違いにニヤリとさせられますね。

平成17年4月1日発行の初版で、巻いてある帯には…おっ、漫画の方は持っているけれど小説の方は買ってないシリーズが。
良い機会だから明日買ってくるか。
あるお店の店頭にシリーズのすべての本がある様子。
買いたいときに買えるお店があるのが嬉しい。
Amazonも便利だけれど、欲しい物がある本屋は続いて欲しいから行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.18

ハルヒのDVD 限定版 6巻はすごい

「涼宮ハルヒの憂鬱」のDVD 6巻の限定版を買ったところ、おまけのCDには例のライブシーンバージョンの歌が 2曲入っているじゃないですか。
God knows...は 4分39秒から 2分41秒と短くなっていますが、CDの「涼宮ハルヒの詰合」を買ったときの嬉しさの反面、少し残ったガッカリ感がやっと晴れました。声が3つ+コーラスのゴッテリ系じゃないぶん、あのアニメーションで頑張って歌っているあのパワーを感じられる。

てゆーか、これってテイクが違うというか、演奏側の編集が違うよ。
God Knows...のエンディングでギターの弦を開放側にグリス(グリッサンド)しているところがあるじゃないですか。そのあとにエフェクターのリバーブ音とアースノイズがちゃんと乗っている。
Lost My Musicのイントロも違う。演奏を始める寸前にミュートをやめてアースが変化した影響でノイズがかすかに乗っているような音が入っているし。

ちゃんと判ってここまで音を作り込んでいるというのがすごい。

さあ、それが判ったからには圧縮音源や普通のヘッドホンで聴くだけではもったいない。
CDから直に SONY DP-IF8000 & MDR-IF8000 で聞かなきゃですよ。
ステレオサラウンドヘッドホンで聞けば「間接音付きで聞ける」ので、ライブハウスの雰囲気でゴリゴリのベースが楽しめまよ。
てゆーかヘッドトランキング技術のお陰でそのまんまライブステージが目の前にあるような感じな訳で。

明日は STAX経由と、BBE経由で聞き直します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.14

2006年12月22日 京都1日目 その3

ドトールで、事前に買っておいた京都を歩いて回る事をコンセプトにしたガイドブックを広げて決めた行き先が二条城。
地下鉄ですんなり行けるはず…って京都に来てから全然歩いていないですよ(笑)

地下鉄の「四条烏丸駅」まで歩いて行ったのですが、地下に潜る階段が近くにあったので地下道を進んでいきました。
どこかで見たような光景…とおもったら池袋の地下道ですよ。キンカ堂の横を通って39番出口に行ってみてください。
壁の色や材質、照明の組み合わせが良くないんだろうな。
京都の四条烏丸から河原口に伸びる地下道は、浅草の地下道と違って無機的すぎるんですよ。浅草の地下道はクーロンズゲートを連想させる感じ。でも、その地下道の端っこは池袋の地下道を連想させる立入禁止区域ですが。

地下鉄烏丸線の四条烏丸駅で 600円の一日乗車券を買う。3回乗れば元が取れる計算です。
おお、電車の発進時にベルが「チンチン」と鳴るじゃないですが。都電で聞き慣れたあの音だ。
駅構内が開削工法で作られているので、本当に広い空間に感じる。

烏丸御池駅で地下鉄を乗り換えて東西線へ。ホームドアが東京メトロの南北線風。
おおっ、電車の発車予告メロディがかっこいい!! 調べてみたら、このメロディは開業直後から好評で、製作した会社に山手線のメロディ作成の仕事が来たそうな。
駅間はシールド工法な風景が続く。
1615頃に地下鉄の二条城前へ到着…地下鉄の中で下調べしていたときに気づいたんですが、入場は1600まででした(笑)
しかたないのでお堀を3/4周して地下鉄の二条駅へ。途中に高校と日本映画発祥の地という碑と中学校が。

地下鉄で今度は京都市役所まで。駅を出て南側に向かう。おお~これが本願寺ですが。時間の都合ですでに閉まっていましたが。
錦天満宮は開いていたのでお参り。
200612229

うお、アニメイトとメロンブックスを偶然発見。mont-bellもあるよ!
荷物が増えるというのに、メロンで小説を 1冊、モンベルでフリースマフラーを購入。
「まんがかん」というお店があって、まにまに(2)がありました。

新京極を抜けて、再びブックストア談のあたりに到着。河原口の方に向かって何か見えるかな~と思って南北を眺めると「ナムコ ワンダータワー」が見えました。行くか!
う~む、アイマスは無かったけれど戦場の絆には人だかりが。私はタイムクライシスで 2コインプレイ。
ワンダータワーを出てさらに北に進むと、新規開店した「ジュンク堂」が入っているビルを発見。
こちらのジュンク堂は、複合店舗ビルのためにフロア精算ですがジュンク堂らしい造りのお店でした。
まにまに(2)を 1冊購入。

ホテルの方に帰ろうかな~という時間になってきたので、地下鉄の駅の方に向けて移動開始。
途中で見かけた「くまざわ書店」は漫画が少なかったです。
夕食はくまざわ書店の近くにある信州そばのお店で。20度の蕎麦焼酎をそば湯割りで飲みました。
そば粉のねぎやきとざるとろろ蕎麦 生ワサビ付き。この生ワサビの残りは持ち帰りOK。

地下鉄で四条から京都駅まで。地下鉄を出たら100メートル程度で宿泊先ホテルでした。
ホテルにはいるときに、ホテルでのディナーショーを終えて京都の町にふらりと出てゆくソムリエの田崎先生がおられました。

部屋では自分で持ってきたバイオダイナミックの紅茶ティーバッグでダージリンを飲んだり。
ちょうど2100になる頃でしたので、ロビーで行われるミニコンサートへ行きました。
けっこうな人数の人が居ますよ。お子さんも多い。会場のすぐ裏にティーラウンジがあるのでそこに入りました。
紅茶とケーキを楽しみながらコンサートを裏側から鑑賞。
ヤマハの電子オルガンと木琴(&鉄琴)のコンサート。曲ごとにフロッピーディスクを入れ替えてますね。
演奏も盛り上がってくるとロビー内の照明やティーラウンジの照明が次々に消えて、吹き抜けの上から雪に見立てたビニールの紙吹雪が降ってきました。
この光景はちょっといいね。子供達や大人が床に降り積もる雪を舞い上げてたりしてますよ。マライアキャリーのクリスマスソングがとても合う。
30分チョイのコンサートは大盛況で終了。

部屋に戻って、パソコンを広げたりしてみました。
インターネットが使えるはずなので部屋の中を見回すと、それっぽいコネクタがあるけれども LANケーブルが刺さらない。
電話して聞いてみると VDSLモデムを貸し出すのでそれを使って接続するとのこと。
ネットの速度は十分に出ていて満足。IRCチャットとかも普通に出来ました。
それにしても、こんなに広い部屋で宿泊なんてすごいなぁ。バスルームにあったシャワーヘッドの機能にびっくり。
パソコンで調べてみると TOTO製。これは買おうと決めた(笑)

ベットサイドを見ると、子供向けの本と聖書がありますね。睡眠時間を削ってまで見ることはしませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.01.13

最悪の目覚め

なんか、桜坂 洋 先生の「ALL YOU NEED IS KILL」みたいなループ物の夢を見ていました。
強制スクロール型のゲームのような世界に居る。
進行方向側に動いているオブジェには轢かれることなく乗ることが出来る。
ボートのように周りの空気を掻くと速度を速めることができる。
なせか後ろからは、オブジェに感染する病原体のような物が襲ってくる。
だから急いで前に進まないと病原体にやられる。
健闘の甲斐空しく病原体にやられるとまたスタート地点に。
さっきのゲームで得た経験を元に、効率の良いオブジェの選択、障害物に引っかからないための選択や、ゲームシステムを理解することでよりゲームに適応してゆくループ。

で、それを繰り返してゆくと、あまりにもむかつく物が夢の外で起こっていて起きました。
まだ午前7時にもなっていない。
…となりの部屋からちょっと高めの音で目覚まし時計のような音がしている。
だんだん音の間隔が短くなってきた。
さすがに耐えられない騒音になってきたので、隣の部屋に乗り込むがタイマー機能が発動している携帯電話などが見あたらない。
だれも居ない中で映像を映し出しているテレビがある…。こいつにこのようなタイマー機能ってあったっけ?
まあ、悩んでも仕方ないのでテレビの電源ボタンを押して OFFにすると目覚まし時計のような激しい「ピピピピピ」という音が消えた。

…なんだったのだろう。

~~
追記
どうやら、父親がリモコンの該当ボタンを押した記憶があるそうな。
お陰で2度寝してしまった…。ああ、10時から販売のチケットが予約できなかったのが心残り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.08

カレンダーをめくっていて気がついた

うお、明日はお休みじゃないですか。薄い紙だから翌日部分が見えたんですよ。
20070107

福寿園 京都店で貰った日めくりをめくっていて気がつきました。
京都に行った際のお土産購入時に偶然貰ったものですが、京都に行った御利益が早速ありました。

おーティーバッグなども販売しているのですね。通勤範囲内にお店が有るのも確認。今度行ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.05

日本の黒ビール史が、また1ページ

よなよなエールの会社から発売された黒ビールです。
R0022774s

うまい。
今のところ、横浜西口 クイーンズ伊勢丹で確保できることを確認。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェブユーザビリティの法則

「ウェブユーザビリティの法則」という5年前の本を探しに行ったのですが、やっぱりどこにもない。
Amazonでは定価よりも高くなっています。
すでに持っている本なのですが、知り合いにも読んでもらいたくて探しています。

とても読みやすい名著です。Web意外にも応用が利く事がかかれています。
いつも机の上に置いておきたい本ですよ。

2001年6月だから再販は難しいのかなぁ。
ソフトバンクパブリッシングには、知の提供にもうすこし頑張って貰いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.01

2007年 こんにちわ

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

コミケの日が12/31というのは初めてなのかな?
超大物先生を横から拝顔できたりしたのも良い思い出です。

…というわけで、まだ新年という実感がありません(笑)
大掃除なんてやる暇無いですよ。コミケ戦果の整理ですらまだなんですから。

ああっ、年賀状が届いている。こちらからも出さなきゃデスよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »