« 総理大臣のえるシリーズ | トップページ | 吉野屋先生 »

2007.03.24

京都2日目 2006年12月23日

関連記事:
宙のまにまに 2巻 12/22発売 関連情報
無事到着
12月22日 京都1日目 その1
12月22日 京都1日目 その2
2006年12月22日 京都1日目 その3

朝食はホテルで。おお~テーブルの上に置いてあるジャムの小袋は全て林原のジャムですよ! いいね。

ホテルを出たらすぐに京都駅の地下街に降りて目の前のコインロッカーにでかい荷物である BOBLBE-Eをキープ。400円。
荷物を軽くしたところでコンビニに行って飲み物購入とネットプリントで用意していたデータをプリントアウトしたり。

今日も地下鉄1日券を購入~600円。
昨日行った二条城に再び行きました。こちらも600円。

うぐいすばりの廊下をあれだけ歩いたのは初めてかな。女性の人が歩いてもかなりの音がすると思います。
結構歩きますね。中を2周~3周している感じです。
20061223i

二条城の東側はかなり大きな通りがあるのですが、街宣車がバンバン走っていますね。12月23日は祝日ですからまあそういう物だと。京都ですし。

イベントに遅れては大変なので早足で地下鉄の駅に行って四条烏丸へ。地上にでないで地下道を東へと歩いていきます。
地下道に案内がちらほらとあるけれど、通りの名前やビルの名前が書いてある程度なので、どのぐらい歩いたのか判らない。結構歩いたかな~と思って横の階段を上り始めるとパチンコ屋さんとかありました。
地上に出て通りの南側から眺めてみると…左側にジュンク堂が見えたので行きすぎていました。
ゆっくり歩いて戻ってゆくと、サントリーのお茶のCMで出てくる福寿園のお店がありました。お土産に買おうかなという気分に。まあ、お土産は後で買えばよいのですぐ向かいのブックストア談に向けて移動開始。

横断歩道を渡り始めると…見覚えのある人がこちら側に歩いてくる。
うぉ、カシマミ先生ですよ!!
講談社の方達と横断歩道を渡っておられるところだったのでそのまますれ違いましたが、声をかけて手を振ってしまいました(笑)
京都の街中でこのような事態が起こるとは思ってもいませんでしたね。すごいや。

お店の方をチェックして現場確認~。二条城をぐるぐる回ったり、結構歩いていたりで座りたくなったので向かいのドトールへ。カプチーノとミラノサンドCを注文。

というわけで、柏原麻実先生「宙のまにまに 2巻 発売記念 初サイン会」の列はブックストア談の 2F(女性向けフロア)にて 13:30より生成。私は2番目でした。列の後ろの方は BL系がぎっしりと並ぶ方に進んでゆきます…。女性店員さんだらけのこの空間はちょっと凄いぞ。
結局 2Fでは並びきらずに 1Fにまで列が行きました。

サイン会の方では A4サイズの特製ペーパーを頂戴しました。こんなに大きな物を折らずに持って帰るのは至難の業…。というわけで、お店のB1Fにあるホビーショップにてタミヤの B4サイズな 0.5mmのプラ板4枚入りを購入(笑) これはお面製作で利用するプラスチック板なので無駄になりませんしね。店内には、「ああっ女神さまっ」の3神フィギュアが展示してあって凄かったです。
ブックストア談 3Fに行ってみると有名作家さんの色紙がいっぱいです。う~ん、どれも色褪せていないことにびっくり。カシマミ先生もこの中に加わるんだろうな。

3Fにてコミックスを買ってドトールへいってコーヒーを飲んだ後に福寿園に行ってお土産のお茶を 3つ購入。その後にまたブックストア談へ。知り合い分のサイン本を頂戴するために1冊買って最後尾に並びました。
結構並びますね…。あと少しでこの列に並ぶのも終わる…と思った頃にカシマミ先生の所が盛り上がる。うぉ、笹さんじゃないですか!! 気がつかなかった…服装が重装備の人が居るなぁという事は気づいていましたが…。そしたら、笹さんは随分と前から私に気づいていた様子でした。笹さんの最後の台詞はカッコよかった。
笹:「また来週!」(冬コミですね)

私もまたサイン本を頂戴してしまったわけですが、編集さん達がいろいろと参加者に声をかけておられていて良い雰囲気でした。
枕の下に 2段でしきつめられるというネタまで披露してしまいました(笑)

お店の外に出るとだいぶ時間が経っています。お店の向かいには随分と凄いスピーカーを装備した街宣車がなにかをやりそうです。痛い演説を聴く趣味はないので地下街に潜伏。
地下鉄で京都駅に戻りました。荷物を回収する前に仕事場の人達へのお土産を購入…フロアの人数が多いのでかなり多めの購入。でもちゃんと良い物を買いましたよ。

荷物を確保して新幹線の切符売り場へ。今度は時刻表を見ないで買うことにしてみました。おお、1時間後にひかり号があるじゃないですか。しかも小田原駅に停まる。
たぶん自由席でも大丈夫だけれど、うろうろするのも面倒なので指定席にしてみました。6号車の 1Aとなりました。海側の後ろ側の窓側ですね。

待合室の横にあるおみやげ屋さんをチェック…お、ネクタイがある…西陣織のネクタイのお値段を偵察。だいたい4000円~6000円ですね。
休憩所で時間を調整するために休んで、10分前にプレミアムビールを買って、ホームで干し肉を買って新幹線へ。国内産の干し肉うめぇ。モフモフと食べてしまいました。

小田原には 2008到着で 2050に帰宅しました。
20061223z

ブックストア談の皆様、アフタヌーン編集部の皆様と 柏原麻実先生に感謝を。
JR西日本とJR東海にも感謝。

ちなみに、2007年 5月号の月刊アフタヌーン表紙が「宙のまにまに」です! やったぜ。

|

« 総理大臣のえるシリーズ | トップページ | 吉野屋先生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/653/14367786

この記事へのトラックバック一覧です: 京都2日目 2006年12月23日:

« 総理大臣のえるシリーズ | トップページ | 吉野屋先生 »