2008.10.14

「小児救命」と「宇宙のまにまに」

もうすぐ、「小児救命」というドラマがはじまるわけですが、テレビでドラマ紹介映像を見ていてびびった。
主役の小西真奈美が、ネームプレートとして「宇宙先生」とかゆーのをつけているじゃないですか!

Yahooで紹介されている文章を転載

内容:
大病院で小児科医として働いていた青山宇宙は(小西真奈美)は、小児科の縮小が決まると、
自ら24時間体制の小児病棟「青空こどもクリニック」を開くことを決心する。
周囲は心配のあまり反対するが、宇宙の決意は固い。

月刊アフタヌーン連載 柏原麻実先生の「宇宙(そら)のまにまに」を連想してしまう私はいたって正常だと信じたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.26

T4Xi を見てきましたよ。

オリジナルのテイストを大切にしたいので字幕版の TAXi4を見てきました。
より一般の人達に楽しんでもらえる系統に進化していますね。

TAXiというと、やりすぎなくらいに車がボッコボコになりますが、そーいう系統のテイストは少し押さえられています。
俳優陣の好演をより楽しめる仕上がり。
そして署長はサイキョーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.23

TAXi4…

絶望した!
TAXi4 の吹き替えキャスティングに絶望した!!

http://ja.wikipedia.org/wiki/TAXi4

え~、吹き替えのほうは声優からタレントに変更ですか??
なんか吹き替え上映の映画館が多いですね。
字幕の方を見に行かなきゃ。

フランス語のぶつかり合いや、オリジナルの絶妙なタイミング
署長の「えみりあ~ん」が良いわけで。

映画館で見て、DVDをを持っていて、元プジョー乗りな TAXiバカの独り言なので気になさらず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.08.08

エクスマキナ

10月公開の劇場アニメーション EX MACHINA
特典DVD付きチケットを買ってきました。

いいね。
衣裳のデザインも凄いなあ。CGでやると面倒な造形とかもあるけれど、ちゃんと頑張ってる。

これは劇場でちゃんと見たいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.15

めぞん一刻

テレビでめぞん一刻のドラマがやっていましたね。
中村大樹さんのブログがあるのでだいぶ前からウォッチしていましたが、放送まで随分掛かったような気もします。

漫画は一番最初の頃のやつを持っていますが、また読み返したくなりました。
テラドライブの高橋由美子が六本木朱美でした。

青臭い感じや、かなり頑張って作り込んでいると思われる 1980年代を思い出すセット達。
でも、電車とか駅が東急でしたね(笑)

浪人編とあるので、まだまだ作ってゆくという事だと信じたい。
次は冬ぐらいかな…? 期待してまってまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.19

NHK プロの流儀

ソニーの茂木さんが出ている番組ですね。

今回は小児心臓外科医の先生。

私は番組を見ながらパソコンに向かっているわけですが、チャット画面の先…ネットの向こうにいる知り合いも同じ番組を見ているですよ。
いっしょに「うはぁあああ」とか「うおー」とか打ち込んでいました。

心臓手術の手さばきの凄さは、漫画とかで予備知識として持っていますが、実際の道具を使ってスタジオの中で練習道具だかで見せてくれました。アクションを削って0.1秒を稼ぐその手さばき。
努力の人ですね。

最後のほうは、本当の現場の緊迫する一瞬な映像でした。
番組の構成も凄く良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.10.17

プレーオフで血涙続出

やってくれるぜテレビ東京。規制が厳しいとはいえ、フジテレビの放送時間ずれまくりに疲れた人がたどり着く憩いの場であったテレビ東京。こんな時期のプレーオフで放送延長するなよ…延長してもなんらかの救済対策をやってくれよ…。

しかも、テレビをプレーオフに合わせていた人が多かったことが話題になっちゃうし。
そんな程度のシチョーリツでいい気になるな!銀河最強は「うらら」にきまってるだろ!(荒れ気味)

お陰で「ぱにぽにだっしゅ!」の放送時間が20分ずれてくれました。しかも、Bパートのイントロがそれを予感させるような追い討ちっぷり。落ち込んでいる人は確実に存在している。

テレビ番組表見てのけぞったよ。
19:00(7:00PM)~2054(8:54PM)までが放送予定時間とあるのに、最大延長 22:39(10:39PM)まで。
20:54(8:54PM)~21:48(9:48) (休止のときあり)
21:48(9:48PM)~21:54(9:54PM) [N]プレイク
21:54(9:54PM)~22:48(10:48PM) [新]未来小包
22:48
22:54
23:24
0:00
0:35
1:00
1:30 ぱにぽに
2:00
2:30

これでど~やって録画しろと言うのだテレ東よ!
問題の番組はシチョーリツ13.8 最大27.5とか新聞に載っているよ…。
くやしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.05.04

鳥肌 実 主演の映画…タナカヒロシのすべて

タナカヒロシのすべて http://www.tanakahiroshi.net/
すごいなぁ、鳥肌 実 のビジュアルをたっぷり楽しめる作品になるのかな。
5月7日に HMV渋谷店でトークショーがあるらしいのですが、壊れすぎなショーになりそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.27

AIR劇場版

これは『AIR』や「『AIR』劇場版」ではなくて、オフィシャルサイトにもあるとおり「AIR劇場版」です。

私は『AIR』というPCゲームソフトをビジュアルアーツから買いました。サントラはいろいろ聴いています。しかし、ゲームを動作させたことはありません。
まあ、細かいストーリーはどうでもいいでしょう。私にはその部分を書くことはできません。でも、オープニングぐらいは見たことがあるので、出てきた路線が廃線になっていない所には気がつきました。江ノ電のような連接台車な電車が走ってますね。

劇画タッチの止め絵シーン多数あり、左右分割フレームによる両者の描写ありのゲロあり…。まあ、「あしたのジョー」な演出は仕方ないでしょう。作品にマッチしているとは思いませんが。

~~
劇場の真ん中の席に居たので音響は悪くないはずですが、バイクの音、普通自転車の音、バスの音、電車の音、花火の音、波の音、雨の音、小川のせせらぎ、いろいろな鳴き声、人混みの中の音、キャラの立ち位置による聞こえ方の違い…ハッとするシーンが無かったような気が。

見た人に聞いてみたい。
「夏の匂い」や「海辺の町」をリアルに感じられましたか?
「あの町」に、「あの場面」にあなたが立ち会ったような感覚がありましたか?
「夏という空間」を感じる音がありましたか?

映画は五感の視覚と聴覚で伝える物です。
聴覚で伝える可能性を追求して様々な音響システムが考案されているのでしょう?
記憶に残る音が私には感じられませんでした。 「音響がとても自然で違和感を感じることが無かった」ではありません。

最後のクレジットロールには DTS STREO の文字が。最近よく見かける「dts」のロゴですけれども、「DTS STREO」ってのは、すでに前加工されたアナログ2chステレオ音声を後加工にて「左・中央・右・後(サラウンド)」に分けるシステムのようです。でも、本当にリアのサラウンドチャンネルってあったのでしょうか?
「ぶっちゃけ2チャンネルじゃない?(←予告作品の悪影響)」

見てきたのは池袋のシネマサンシャイン 6番館…音響システムはDTSとあります。おそらく劇場はデジタルのDTSで、5.1chに対応しているんでしょうけれど…。

~~
監督が作った絵コンテを見てみたい。
どのような演出が書き込まれているのか見てみたい。

バイク走行シーンの絵コンテを見てみたい。乗ったことのない私でも違和感あり。
バイクらしい音ってあったかな…はっきりと記憶した場面が無かったかな。
場面とまったく合っていないエンジン音とギアチェンジ。加速シーンでも無かったと思いますが上のギアにシフトしていたり。急ブレーキによるフロントサスペンションの挙動は無かったような気も。

普通のカメラは内蔵フラッシュを 5秒程度で 3回も連続して焚けないのでは? あと、巻き上げレバーをまわしているシーンがないんですけど。あ、レンズのすぐ上でフラッシュが光ってますよ。レンズの枠にフラッシュの光が遮られるはず。

…そもそも、そのカメラはフラッシュが無いレンジファインダーではないですか?
その白い窓はフラッシュじゃなくて、採光式ブライトフレーム用の採光窓です。対象を照らす物ではなくて、外光を導き入れて撮影補助のために必要なフレーム枠を光らせる物です。

…ブライトフレームってのはファインダーをのぞき込むと見えてくる「写る範囲などを示している枠」の事です。
詳しくは コニカミノルタ提供なPDFファイルの8ページ を見てください。
ちょっと前までよく見かけた手軽に使えるフィルムカメラでは良くありましたよね。真ん中に小さい丸があって、長方形の枠があって、長方形の枠の上の方には近接撮影時の撮影範囲を示すマークが付いていたりしました。

カメラを置いてタイマー撮影しているシーンがありましたね。そのときに撮影されようとしている場面をファインダーから見た映像として描写されていましたね。そのファインダーから見えたものは、大抵のマニュアルフォーカスな一眼レフカメラで使われている マット式フォーカシングスクリーン でした。そのカメラはレンジファインダーの 二重像合致式 なり、上下分割式だと思うのですが。

このあたりをつっこむ人は居るのだろうか…。
しばらくの間は Googleで AIR劇場版 レンジファインダ を探してみることにしよう。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2005.01.19

ジャッカス キめてきました

ある人に勧められて、仕事後に渋谷へ大冒険してきましたよ。
渋谷はアンケートやらキャッチセールスが多くって、か弱い私?にはびくびくものです。
で、最近献血ができるぐらいに体重が増えてきたけれどもか弱いぎるくさんが渋谷に来た理由は映画館 「ライズエックス」です。

『雲のむこう、約束の場所』…と言いたいですが、上映時間の都合で仕事後には見られません。
で、見てきた物は『ジャッカス』という映画です。

映画は R18ですが、このページは18歳以上の同意やら表現についての警告が有りませんから、あまり詳しいことは書かない事にしましょう。他では絶対に見られない内容であることは間違い有りません。ですから興味を持ったら見に行くことをおすすめいたしますよ。

いやぁ、私は保険があってもできないですし、わさびでキめる事もできないと思います…。
死人が出ないのが不思議なくらいの内容でしたね。たしかに、映画館で大笑いが許される作品です。
ただ、いきなり女性には見せることができない内容かもしれません。カップルも居ましたけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)